銀座で働く上でのプライド?!

銀座のホステス、スタッフとして働く人のちょっとしたプライドをご紹介します。銀座というハイステータスな場所で働く人たちの中には銀座としてのプライドがある方がいます。

①帰りはタクシー帰宅

これは特にホステスさんが当てはまります。「自転車や電車で帰る」といった方もいますが、これは銀座という非日常的な空間で見かけると夢がなく見えてしまいます。

②ドレス、着物で出勤

たまに私服で出勤して着替える方もいるようですが、これは「いつどこで誰に見られているか分からない」ので自宅を出てから帰るまではドレス又は着物です。

③コンビニは行かない

ここ10年で銀座のクラブ街にコンビニが出来てしまいましたが、銀座に古くからいる方は行きません。コンビニに行くのが逆に恥ずかしいと感じるのです。

④ヘアセットをする

ホステスさんは着物やヘアセットは銀座で行うので必要ありませんが、黒服さんはよく出勤してからお店でヘアセットをする方がいます。これもいつどこで誰が見ているかもわからないので自宅でヘアセットをします。一般の方でも出かける際はヘアセットはしますよね(笑)。

今回はいくつかご紹介しましたが、銀座が長い方、ママ、売上のホステス、黒服のオーナー、社長、重役の方はまずこれは徹底していることでしょう。それくらい銀座という街はしっかりとしないとお客様に相手にされないのでしょうね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です