金春通りの歴史

皆さん、金春通りという道名をご存じでしょうか?

今回は言わずと知れた歴史ある金春通りについてご紹介していきます。

金春通りとは

金春(こんぱる)通りは銀座8丁目の中央通りと見番通りの間にある道です。130m程の通りですが、江戸時代の頃の懐かしさがあり「銀座の最後の砦」と言われています。

由来

金春の由来は江戸時代に能楽(金春流)屋敷があったことになぞらっています。
当時の能役者家柄には、金春・観世・宝生・金剛の四家がありました。                        その中で金春は最も歴史がある名家で室町時代以降に栄えました。屋敷がなくなった後も、金春という名前が道名に変化し今に至ります。

銀座金春通りの成り立ち

金春屋敷が1870年頃に現在の千代田区麹町に移り、「金春芸者」が知られ、現在の銀座七、八丁目西側付近が歓楽街へと変化したのは幕末頃でした。
能役者は幕府専属の町人として特別な扱いを受けており、次第に芸者が住むようになったといいます。          当時の芸者は芸やおもてなしサービスに長けており、昭和中頃まで多くの芸者が集う街で賑わいました。

金春湯

金春通りには「金春湯」という銭湯があり、歓楽街の中心に位置する為とても目立ちます。                   創業が江戸時代末期の1863年で150年以上の歴史があります。
江戸時代から続いている都内の銭湯の1軒で昭和32年に改築されました。                          是非一度足を運んで歴史に触れてみてはいかがですか?

金春通り写真3
店舗一覧求人について
おすすめ店舗高級クラブの料金とシステム
ナイトコムトピックスよくある質問
プライバシーポリシー会社概要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です