意外と知らないお客様との連絡事情?!

これは弊社社長の鉢嶺がお客様として銀座の高級クラブに飲みに行った時に実際に感じたことになります。

他のお客様も感じている方も多いかと思いますので、これからホステスのなりたい方、すでにホステスの方も日々の営業に繋がる内容になっていますので是非ご覧ください。

ホステスさんのLINEについて

営業中、銀座のホステスさんは、着いたお客様の席でほとんどのお客様と連絡先(LINE)を交換します。

このLINEを交換した時に「自分の顔をLINEのアイコンにしているか」で次の営業、今後のホステス人生に関わる場合もあります。

お客様は1日に何件ものお店に飲みに行き、多い時は10人ほどのホステスさんと連絡先を交換します。その時にいかに印象的なアイコンに設定しているかは重要用です。自身が綺麗に映っていることは勿論、顔がわかる写真にしておけば、お客様が見返したときに認識できます。また綺麗な写真、セクシーなアイコンにしていたら、ふと見たときに「また会いたいな」と思うお客様も少なからずいらっしゃいます。

アイコンが物の写真、ましてはアイコンを何も設定していない場合はそのお客様はどこで知り合った人かさえも分かりません。もしたまたま来店した場合でも、お客様は知っている女性と話したがります。ですのでそこから呼ばれて、今後の自分のお客様になったり、仲良くなっりと今後の自分に大きく関わってくることもあります。

「たかがLINEのアイコン」かもしれないのですが、これを知っているホステさんからすれば「されどLINEのアイコン」なのです!!

次に連絡先を交換した後のお客様へのお礼の連絡になります。

一般的な会社でも誰かにご馳走してもらったり、上司とご飯に行ったら、お礼の連絡をすると思います。銀座のホステスさんや黒服さんも連絡先を知っているなら必ずお礼の連絡をしています。もはやこれが一番最初にお客様に連絡する内容になります。これがなかったらお客様も基本的には見向きもしないと思います。

他の席でも飲むことが多いので、酔っ払って次の日になってしまい、「忘れてしまった」なんていうホステスさんがいるので要注意です。

LINEの名前について

これは余談ですが、お客様と連絡先を交換した際に、「連絡先をそのままの名前で誰か分からなくなってしまうという」というホステスさんもいるのではないのでしょうか?

連絡先の名前は自分が分かるように登録しておくと分かりやすいでしょう!!

まとめ

お客様と連絡先を交換をする。これは新人のホステスさんでもお客様に聞けば100%出来ます。

どこで他のホステスさん、他店舗のホステスさんと営業力の差をつけるかは、自身のLINEの設定や、当たり前のお礼や連絡ができることが1つの要因であると銀座ナイトコム運営は思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です