ホステスさんのルールとは?!【徹底解説】

これから銀座のホステスになりたい方必見!!

これを知っていると他のホステスさんと差がつくルールを銀座ナイトコムがご紹介します。

銀座の高級クラブには一流のお客様が高い料金を支払い来店される為、きちんとしたマナーやルールを知っておかなければいけません。

①出勤時の衣装はドレス又は着物(銀座内でどちらもレンタル、購入可能)

・ドレスは赤や青といった華やかな色が好ましく、黒はお葬式等を連想させることから好ましくありません。

→お店により黒ドレスはNG月に3回まで等の制限があります。またクリスマス等のイベント時には色指定、ロングドレス等の指定もあります。

・着物は銀座では古き良きを大切にし着用する風習があります。

→年始の仕事初めやお店により月に1度着用指定もあります。また特別な日に着物を着用するのも素敵かと思います。

・月の最初の出勤日は新調日

新調とはよく男性が新しいスーツを着た際に言います。

ここでいう新調日とは新しいドレスを月の最初の出勤日に来て出勤することです。

→ですので女性によって月の最初の出勤は異なります。

②美容室(ヘアセット)

美容室も銀座内に多数あります(一回1500~3000円程度)。日によって混雑する可能性もあるので時間に余裕をもって行くとおすすめです。

自分で行うことはNG、お店によりイベント期間等に前髪アップ指定等もあるので注意しましょう。

③同伴の場合は20時~20時30分までに出勤

→基本的に同伴した場合は上記の時間内にお客様とお店に到着しなければいけません(遅刻、回数が多いと罰金、ペナルティーととなるので注意)。

④同伴時のルール(お店によって多少ルールは異なります)

お客様1人→女性1人

お客様2人→女性2人まで

お客様3人→女性3人まで

⑤同伴先を自分で決める場合なるべく銀座内で決める

→同伴先を自分で決める場合、お店の雰囲気やお客様の好みも大事ですが、なるべく銀座内で決めておくと、急なトラブルに黒服が対応できたり、出勤時間までゆっくりと過ごすことができるのでおすすめです。

⑥お客様に対してのルール

・職業をむやみに聞かない。

→お客様によっては聞かれたくない方もいらっしゃるので聞かない方が無難かと思います。

・個人情報を他人に話さない。

→銀座のクラブは狭い場所に密集しています。いつどこで誰かが見ている、聞いているということもありトラブルの原因となる可能性があるので注意しましょう。

・連絡する時間帯はなるべく平日10時~17時の間に行う(お礼や謝罪の連絡)。

→お客様にはご家庭がある方や友人に内緒で銀座に来ている方もいらっしゃいます。ですので、比較的仕事で外出しているこの時間帯が好ましいかと思います。電話をする時間帯なども注意が必要です。

③女性同士でのルール

・お客様との同伴や、頂き物をもらった際、プライベートでの接触は係の女性に報告、連絡、相談をする。

→銀座ではお客様一人ひとりにと呼ばれる女性がいます(いわゆる担当のこと)。

→お客様にお礼の連絡することはもちろん係の女性に連絡、相談、報告すると、トラブルを避けられたり、アドバイス等も助言してもらえます。

・係の場合、自分のお客様のアフターに付き合ってくれたヘルプの女性がアフター代をもらっているか確認する。

→これはお客様の暗黙のルールですが、通常アフターに付き合ってくれた女性にはアフター代(タクシー代とお礼の気持ち)として1万円を渡すケースが多いです。もらっているのかいないか女性本人、もしくは担当の黒服を通して確認して対応するといいかと思います。

まとめ

どうでしたか?銀座のホステスさんはお店、女性(ホステス)間、お客様の3つのくくりでルールがあります。

時代とともに変化している部分もありますが、基本的な上記のルールは知っておくと他のホステスさんとの差がつき自身の売上アップにも繋がっていきます。

しっかりと理解して一流の女性、銀座のホステスとなって頂けたら幸いです。

関連記事

銀座のホステスさんはママ、チーママ、係、ヘルプと言われるくくりがあるのでこちらも是非見てみてください!

ママ・チーママ・係・ヘルプとは? - 銀座ナイトコム (ginza-night.com)

関連動画

現役の銀座の高級クラブ Blair(ブレア)ママが銀座の暗黙のルールをご紹介しております。

店舗一覧求人について
おすすめ店舗高級クラブの料金とシステム
ナイトコムトピックスよくある質問
プライバシーポリシー会社概要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です