「銀座ママ」報道、梅宮アンナ!!

本日、ヤフーニュースを見ていたらこんな情報を見ました!

梅宮アンナさんと言えば梅宮辰夫さんの娘さんになります。一体どうしたのでしょうか?

「銀座ママ」報道、梅宮アンナ

記事によるとアンナさんが50歳を機に「銀座のママ」になる可能性があるとNEWSポストセブンで報じられました。事務所はすでに退所されたとのことで、銀座のママに転身するのではないかという記者の質問に対して、

「ノーコメントです。」と答えました。

真相は本人しか分かりませんが、これに対し黒服経験者の銀座ナイトコム運営の意見を言いたいと思います。

最初に梅宮アンナさんが銀座のお店を開く、どこかのお店のママなるとしたら、通用しないのではないかとナイトコム運営は思います。銀座のホステスさんはお酒を飲んでの接客をするため、多くのお客様や女性スタッフのとのコミュニケーションやチームワークが大切となります。50歳ともなればある程度の礼節やマナーはわかっているかと思いますが、逆にいうと同年代のホステスさんとのマナーと比較されてしまいます。そうなと一目瞭然となるでしょう。

ですが、もし銀座の高級クラブに入店したとなれば、話題性があるので多くのお客様が来店されるでしょう。そこからその売り上げを維持していくのが銀座の水商売の難しさなのでしょうか?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です